ハイボルテージを導入しました

 

●Hi-Voltageモード[高電圧電気刺激療法]

高電圧(ピーク電圧値:150V)で短時間に加えられたツインピーク波形の電気刺激が、皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達します。疼痛の軽減、治癒促進などに有効です。

 

●MCRモード[マイクロカレント療法]

もともと人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、筋肉に刺激を与えます。ほとんど刺激を感じない極めて弱い電流で神経や筋を興奮させないため、外傷、急性炎症、運動後の筋肉痛などの症状の軽減に有効です。

 

●EMSモード[神経筋電気刺激療法]

筋収縮を引き起こし、弱った筋力を強化します。健康科学、スポーツ科学の分野にも利用されています。

2017年08月15日