院内設備

医療機器

超音波観察装置(エコー)

レントゲンでは写らない微小な骨折も確認でき、筋・腱・靭帯・関節なども観察することができます。

 

 

ES-4000

Hi-Voltage(高電圧電気刺激療法)、MCR(マイクロカレント療法)、EMS(神経筋電気刺激療法)3つの電気刺激モードを搭載。一人ひとりの症状に合わせた治療をします。


オステオトロンV

LIPUS:リーパス療法(低出力パルス超音波)/音圧効果により骨折部位の骨形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮します。


超音波治療器

筋・腱・靭帯の修復治療器です。外傷、ぎっくり腰、スポーツ障害などに効果があります。


頸椎牽引

頸椎症や頸椎ヘルニア、頑固な肩こりなどにも効果があります。


腰椎牽引

腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などに効果があります。

当院では症状に合わせて牽引角度を調節する独自の方法で効果が表れています。


大型低周波治療器

疼痛の軽減や関節可動域の改善、慢性的な痛みやしびれの改善・急性のケガの早期回復などが期待できます。


干渉波

低周波と中周波が混合されており、電流が深部まで到達します。神経・筋による痛みを軽減する効果があります。


レーザー

星状神経節への照射によって交感神経を抑制し、自律神経症状を緩和させます。

 

ホットパック

80℃のお湯の中に入ったパックを、タオルに包んで腰や首に当てます。体の芯から温め、血流改善やコリ固まった筋肉を緩めます。

 

アイスマッサージ

ビサルモという冷却機器で、プローブの先端が0℃に冷却されています。急性期の患部にアイスマッサージを行います。

 


超音波水治療法

受傷5日目より温めます。手や足を入れて温めながら機能訓練を行います。浮腫や関節可動域の改善にも効果があります。


マイクロウェーブ

関節を深部から温め、疼痛や拘縮の改善をします。

 

SSP療法

ツボに電気を流し、疼痛の改善をする、トリガーポイント療法です。



運動療法

肋木

脊柱側弯症専門治療(シュロス運動療法)に使用しています。

 

リカンベント

腰・膝・足のケガのリハビリ、高齢者の脊柱管狭窄症に効果があります。運動後、脈拍、血中酸素量などを計測します。